2008年08月13日

会員事業所の紹介(第1号) ― 田村陶芸工房 ―

日頃、テレビ放映もされ、京浜地区からのお客様がやってくる「ほったらかし温泉」手前に、山梨市商工会会員の田村陶芸工房「六鵬窯」がある。ここは、甲府盆地とは違い空気が澄んで心地よい。天候にもよるだろうが「マイナスイオン」に包まれ、健康的な朝を毎日むかえられるそうだ。夕方は赤い富士山、夜は甲府盆地のきれいな夜景(新三大夜景)が広がる。会員事業所の中でも、数少ない製陶業を営んでおり、主人は1980年よりこのかた、陶芸の道に惹かれ、現在28年目を迎える。写真にもあるようにこれらは、山梨市もしくは近隣の地場の土を焼き、こうして焼き上げるもので甲州伊賀焼と命名。ギャラリーには様々な陶器が展示され、是非一度、足を運んでほしい。「陶芸教室」は週末になると予約で埋まり、なんと年間に一度、コンテストが行われ、陶芸教室に参加した方を対象に、主人(=審査委員長)が決定する。
<六鵬窯の陶芸教室>
■料金等詳細は、下記URLをご覧ください。
■問合せ先:電話FAX0553-23-3932
■URL:http://www.roppo.net/
IMG_2392.JPG
▲主人が作った「芸術品」の数々!
IMG_2396.JPG
▲陶ギャラリー「ROPPO」・六鵬窯
map.jpg
▲アクセス
IMG_2399.JPG
▲ほったらかし温泉のちょっと手前。この看板が目印です。





posted by 山梨市商工会 at 11:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 会員事業所の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。